宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)試験

試験ガイド

出題範囲

  1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

不動産適正取引推進機構が示す試験の基準及び内容

範囲を分野別に大別すれば4分野

  1. 宅地建物取引業法・関係法令
  2. 土地建物の権利及びその変動等
  3. 土地建物の法令上の制限
  4. 土地建物の形質及び種別、宅地建物に関する税、需給に関する法令と実務、価格評定

4分野のそれぞれの特徴

学習法

効率的な学習法


効率的な学習法

教材・学校ガイド

COMING SOON

  • 前のページに戻る
ページのトップへ戻る